製菓の専門学校で甘いお菓子を作る|カフェでバリバリ活躍

料理人

幅広く知識を身に付ける

コック

カフェを開業する上で知識が必要になるバリスタは、国家試験のように資格を取得する必要はありません。従って、バリスタになるための主な方法は修行と学習カリキュラムが重要ですから、バリスタとしての道を極めたい人に最適です。もっとも、バリスタの資格を持てばお客さんからの評価がかなり上がりますのでデメリットに感じる場面はありません。自分の淹れたコーヒーが口コミで広まれば、大きな集客が期待出来るでしょう。未経験からバリスタになる方法は、スクールに通ったり、カフェで修行を積んだりすることが多いです。実践を交えて、働きながら資格取得が出来れば独立資金を同時に貯められます。さらにお客さんから腕のある美味しいコーヒーを淹れてくれるマスターと位置づけられ、信頼に繋がります。独立してもバイト時代のお客さんがやってくる可能性も高いですから、修行の道を辿っても悪くはないでしょう。知名度をバイトの内に上げるといった方法もバリスタとして成功するポイントになります。

バリスタの主な資格にコーヒーマイスターがあります。これはコーヒー関連の協会が定めたもので、ここで認められるとバリスタとしての資格が貰えます。協会が主催する養成講座でマイスターとしての学習をすれば試験合格でマイスターの称号がいただけます。バリスタにとって、コーヒーの豆知識は欠かせない部分になります。基本技術を光らせ、味わい深い美味しいコーヒーが淹れられるようになればプロとして十分通用します。またバリスタのライセンス取得も可能で、一定基準に満たしたエスプレッソの抽出が出来る人と認められます。トップにいくためには、ステップアップが欠かせないため、より高い知識が必要です。幅広く活躍したいなら、資格取得を目指してみましょう。